中性脂肪を放っておくとどうなる?

中性脂肪を減らす方法!-値の低い人高い人別

中性脂肪を放っておくとどうなる?

.

中性脂肪が引き起こす疾患

病気

中性脂肪を放っておくと、さまざまな病気の引き金となり取り返しのつかないことにもなりかねません。中性脂肪をそのまま放っておくと、高脂血症になりやすくなります。高脂血症は生活習慣病の一つで、血液中の脂肪が正常値を超え、人間の体に悪影響を及ぼす状態です。高脂血症は自覚症状が見られないという特徴があり、放っておくと血管壁に脂肪が沈着し、動脈硬化の原因となります。中性脂肪を放っておくと、高脂血症になり高脂血症を放っておくと動脈硬化になるのです。動脈硬化は進行すると脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすこともあります。そうならないためにも早期発見が大切です。血液中のコレステロールと中性脂肪、善玉コレステロールの数値を調べるとともに、食生活や生活習慣を見直し、改善していくことが必要です。


ページのトップへ ▲

動脈硬化とは?

血管

動脈硬化を放っておくと脳梗塞や心筋梗塞を引き起こします。その原因は中性脂肪が増え、善玉コレステロールが減り、悪玉コレステロールが増えることが要因の一つ。動脈硬化を放っておくとどのようなことが体内で起こるのでしょうか?動脈硬化は血液中の脂肪が増え、コレステロールや中性脂肪が増加している状態で、血管壁に障害が起こっている状態です。体にコレステロールを運ぶ低比重リポタンパク(LDL)が白血球のマクロファージに食べられ内皮に侵入、血管壁内に必要以上のコレステロールが取り込まれます。そうするとコレステロールの沈着、蓄積によって血管内が狭くなったり、硬くなり、血管がもろくなってしまいます。それを放っておくと脳血管障害、大動脈瘤、狭心症などの危険な病気を引き起こすのです。


ページのトップへ ▲

「かくれ肥満」にも注意を

肥満

近年、日本人の体脂肪は増え、その中でも「かくれ肥満」と呼ばれる肥満が増加しているといわれています。「かくれ肥満」とは皮下脂肪より内臓脂肪として中性脂肪が貯まっている、血中脂肪として中性脂肪、コレステロールが貯まっていることを指します。「かくれ肥満」は外からは分かりにくく、自覚症状もありません。たとえ検査で分かったとしても、見かけは肥満ではないので放っておくケースがほとんど。しかし、血液の中に脂肪が増えた状態を放っておくとその脂肪は血管を狭くし動脈硬化を引き起こします。「かくれ肥満」は心筋梗塞や心不全、狭心症、脳血管疾患、高血圧、糖尿病、腎臓病、肝臓病などの生活習慣病の原因ともなります。外からは異常が認められなくても体内では大変な変化が起こってしまうのです。内臓脂肪や血中脂肪の中性脂肪にも注意をしましょう。


ページのトップへ ▲

イマーク

| ホーム | 中性脂肪とは | なぜ中性脂肪が注目されているの? | 放っておくとどうなる? | 基準値・正常値など | 危険値とは | 値が高いとどうなる? | 値が高い原因 | 中性脂肪を減らす(下げる)食事 | 中性脂肪を減らす方法 | 中性脂肪を下げる薬とは | 予防するレシピ・料理 | 改善するレシピ・料理 | 低値ってどのくらい? | 値が低い(少ない)のは病気? | 低中性脂肪血症とは | うるウォーターとは | 食事療法でコレステロール対策 | 血液検査から読み取る中性脂肪 | うるウォーターで中性脂肪対策 | コレステロール |

Copyright (C) 中性脂肪を減らす方法!-値の低い人高い人別 All Rights Reserved.