なぜ中性脂肪が注目されているの?

中性脂肪を減らす方法!-値の低い人高い人別

なぜ中性脂肪が注目されているの?

.

注目されている脂肪摂取量

情報

現在、中性脂肪についての情報はたくさんあり、中性脂肪は大変な注目を浴びています。なぜこれほどまでに中性脂肪は注目されているのでしょうか?中性脂肪が注目されている理由の一つとして、食生活の欧米化により日本人の脂肪摂取量が驚異的に増えているということが挙げられます。1日に必要な脂肪摂取量は、約50gといわれているのですが、近年では約40%の人が80g以上の脂肪を摂取しているとされています。増加した中性脂肪をそのままにしておくと高脂血症を引き起こします。高脂血症は脳血管障害や心筋梗塞の原因となり、それらは日本人の死因の第2位、第3位を占めています。なぜ中性脂肪が注目されているのか。中性脂肪が生命の危機に関わる原因になるということが認識されてきたからといえるでしょう。


ページのトップへ ▲

メタボリック症候群が注目されている理由

運動不足

最近特に注目されているメタボリック症候群。これは内臓脂肪と呼ばれる中性脂肪が過剰になって腹筋の内側や内臓の周りに脂肪がつくことです。この内臓脂肪から分泌される生理活性物質(アディポサイトカイン)という物質に異常が生じたり、血糖を下げるインスリンというホルモンの作用がうまくいかなくなると、高血圧や脂質代謝異常、脂肪肝などを発症します。内臓脂肪の増加は過食や運動不足、不規則な生活などの不適切な生活習慣によって引き起こされる生活習慣病の一つとされ、メタボリック症候群という言葉によっても注目されています。内臓脂肪という中性脂肪は、見た目がやせていても安心はできません。外から見ただけでは分からない部分についている脂肪です。そういった点も注目されている理由の一つでしょう。


ページのトップへ ▲

自分の健康について考える

ストレス社会

日本人の三大死因はがん、心疾患、脳血管障害です。注目されるのは、1位はがんですが、心疾患と脳血管障害を合わせると1位のがんとほぼ同数という点。心疾患と脳血管障害を引き起こす原因は動脈硬化です。死亡原因の1位は動脈硬化と言っても過言ではありません。その動脈硬化の原因となるのが中性脂肪やコレステロール。食生活の変化、体を動かすことが少なくなった生活、ストレスの多い社会状況など生活環境の変化が中性脂肪やコレステロールを増やし、人間の命の危機に関わる疾患を引き起こしています。しかし、これらは食事や生活習慣を変えることで改善することもできるのです。自分自身で自分の健康を考える、そのことが自分の命を救う、ということを今、改めて考えてみる必要があるのではないでしょうか。


ページのトップへ ▲

イマーク

| ホーム | 中性脂肪とは | なぜ中性脂肪が注目されているの? | 放っておくとどうなる? | 基準値・正常値など | 危険値とは | 値が高いとどうなる? | 値が高い原因 | 中性脂肪を減らす(下げる)食事 | 中性脂肪を減らす方法 | 中性脂肪を下げる薬とは | 予防するレシピ・料理 | 改善するレシピ・料理 | 低値ってどのくらい? | 値が低い(少ない)のは病気? | 低中性脂肪血症とは | うるウォーターとは | 食事療法でコレステロール対策 | 血液検査から読み取る中性脂肪 | うるウォーターで中性脂肪対策 | コレステロール |

Copyright (C) 中性脂肪を減らす方法!-値の低い人高い人別 All Rights Reserved.