中性脂肪値が高いとどうなる?

中性脂肪を減らす方法!-値の低い人高い人別

中性脂肪値が高いとどうなる?

.

中性脂肪値が高いと起こる血液の異変

脳梗塞

中性脂肪値が高いと人間の体にはどのような異変が起こるのでしょうか?中性脂肪値が高いとどうなるかというと、エネルギーに変換されない中性脂肪が蓄積され、善玉コレステロールを減らし悪玉コレステロールを増やしたり、超悪玉コレステロールに変えてしまいます。このような状態が続くとどうなるかというと、血液がどろどろになって高脂血症に発展します。また、中性脂肪値が高いと心筋梗塞や狭心症、脳梗塞などを起こす危険性が高まります。中性脂肪値が高い状態の血液の中はどうなるかというと、動脈の内膜に脂質プラークがつくられます。柔らかい被膜で覆われた脂質プラークが破れると、それが出血し血栓ができてしまいます。この血栓が血管をふさぎ、心筋梗塞などが起こるのです。


ページのトップへ ▲

自覚症状のない高脂血症

運動

中性脂肪値が高い状態というのは高脂血症になりやすい状態です。しかし、高脂血症は、かぜや腹痛のようにはっきりした症状はありません。中性脂肪値が高いと診断されても、自覚症状がないためか、そのまま放置してしまい病状を進行させてしまうケースも少なくないとされています。また、中性脂肪値やコレステロール値がそのまま体にあらわれる人であれば、自覚することはできますが、中性脂肪値が高い場合でも体重がほとんど変わらない人もいます。そういった人は特に注意が必要です。中性脂肪値やコレステロール値が少し高いだけであれば、食事療法と運動療法で減らすことは可能ですが、気をゆるめるとすぐに戻ってしまいます。特に中性脂肪値は生活習慣が改善されないと、薬物療法だけでは下がりにくいといわれています。食事や運動に気を遣い、中性脂肪値やコレステロール値が高くならない体質をつくるようにしましょう。


ページのトップへ ▲

高血圧にも注意

高血圧

血液の流れ方や粘度と深く関わっているのが血圧。さらさら流れる血液であれば血管に影響を及ぼすことなくスムーズに流れますが、血液がどろどろした状態だと血液を流すために大きな力が必要になり、血管に損傷を与えます。中性脂肪値が高い状態は、このような状態をも招きます。どろどろした血液のせいで強い圧で血液が流されると血管壁に傷ができ、動脈硬化が進行します。さらに血液は流れにくくなり、より大きな圧で血液を流そうとし血圧はさらに高い状態になります。これが高血圧です。中性脂肪値が高いということは高血圧も招くことになります。高血圧と動脈硬化は互いを悪化させながらさらに大きな病気を引き起こすのです。


ページのトップへ ▲

イマーク

| ホーム | 中性脂肪とは | なぜ中性脂肪が注目されているの? | 放っておくとどうなる? | 基準値・正常値など | 危険値とは | 値が高いとどうなる? | 値が高い原因 | 中性脂肪を減らす(下げる)食事 | 中性脂肪を減らす方法 | 中性脂肪を下げる薬とは | 予防するレシピ・料理 | 改善するレシピ・料理 | 低値ってどのくらい? | 値が低い(少ない)のは病気? | 低中性脂肪血症とは | うるウォーターとは | 食事療法でコレステロール対策 | 血液検査から読み取る中性脂肪 | うるウォーターで中性脂肪対策 | コレステロール |

Copyright (C) 中性脂肪を減らす方法!-値の低い人高い人別 All Rights Reserved.