うるウォーターで中性脂肪対策

中性脂肪を減らす方法!-値の低い人高い人別

うるウォーターで中性脂肪対策

.

うるウォーターオリゴペプチドの特徴

おなか

中性脂肪対策として手軽に飲めるうるウォーターを利用するというのも、中性脂肪対策の一つです。キリンから発売されている、うるウォーターオリゴペプチドは、食後の中性脂肪の上昇を抑えるグロビンタンパク分解物を配合したうるウォーターで、中性脂肪対策として利用できるドリンクです。うるウォーターオリゴペプチドは、タンパク質、脂質、炭水化物、ナトリウムといった成分を含み、1本120mlあたり熱量はたったの13kcal。中性脂肪対策には適したドリンクですね。飲み方としては食事の際に1日1本を目安に。薬品ではないので、効果を期待してたくさん飲んでもより高い効果は得られないということは理解しておきましょう。飲みすぎたり、体質や体調によってはお腹をこわすこともあるので、注意しながら摂取するようにしましょう。


ページのトップへ ▲

うるウォーターオリゴペプチドの効果

肝臓

うるウォーターオリゴペプチドが中性脂肪対策になるといわれる理由は、グロビンタンパク分解物という成分が配合されているから。このグロビンタンパク分解物という成分は中性脂肪対策にどのような効果があるのでしょうか?グロビンタンパク分解物は、消化管における脂肪の消化・吸収を抑える機能があるとともに、血液中に吸収された中性脂肪を代謝させ、食後の中性脂肪の上昇を抑える働きをするものです。また、肝臓で、遊離脂肪酸の代謝を促すので、肝臓への余分な脂肪の蓄積や再度血中へ脂質が流されることも抑えることができます。その他には、インスリンの分泌を亢進したり、脂質代謝酵素を活性化したり、脂肪細胞の分化、巨大化を抑制したり、内臓脂肪の蓄積を抑制したりする働きもあります。グロビンタンパク分解質は、食後1時間以内に摂取することが中性脂肪対策には効果的といわれています。


ページのトップへ ▲

特定健康用食品とは?

特定保健用食品

中性脂肪対策の飲料である、うるウォーターオリゴペプチドは、トクホといわれる特定保健用食品として認定されたものです。特定保健用食品とは、体に生理学的機能などに影響を与える成分が配合され、血液中のコレステロールや中性脂肪などを正常に保持することに作用があったり、お腹の調子を整えることに役立つ、などの特定の保健の効果が科学的に証明されている食品のことです。特定保健用食品とは、健康が気になる人を対象にしているもので、医薬品とは異なります。中性脂肪対策になるとはいえ、飲んでいるからといって中性脂肪の値が急に下がるというわけではありません。うるウォーターはあくまでも中性脂肪対策の手助けになる、というものです。その点に注意し、1日の目安量や摂取方法はきちんと守って、中性脂肪対策にうるウォーターを利用しましょう。


ページのトップへ ▲

イマーク

| ホーム | 中性脂肪とは | なぜ中性脂肪が注目されているの? | 放っておくとどうなる? | 基準値・正常値など | 危険値とは | 値が高いとどうなる? | 値が高い原因 | 中性脂肪を減らす(下げる)食事 | 中性脂肪を減らす方法 | 中性脂肪を下げる薬とは | 予防するレシピ・料理 | 改善するレシピ・料理 | 低値ってどのくらい? | 値が低い(少ない)のは病気? | 低中性脂肪血症とは | うるウォーターとは | 食事療法でコレステロール対策 | 血液検査から読み取る中性脂肪 | うるウォーターで中性脂肪対策 | コレステロール |

Copyright (C) 中性脂肪を減らす方法!-値の低い人高い人別 All Rights Reserved.