中性脂肪を減らす(下げる)食事

中性脂肪を減らす方法!-値の低い人高い人別

中性脂肪を減らす(下げる)食事

.

中性脂肪を減らす(下げる)食事の方法

ダイエット

中性脂肪を減らす(下げる)食事の方法は、食べ過ぎない、1日3回の食事を規則的にとる、3食で30品目の食品をバランスよく食べる、アルコールは控え目に。といった基本的なことです。しかし、この基本的な食事の方法がなかなか難しいもの。逆を言えば、基本的な食事の方法さえ守れば中性脂肪を減らすことができるということです。中性脂肪を下げようとして、極端にダイエットをしたり、脂質やコレステロールの摂取を減らすことは正しくありません。どちらも私たちの体を維持していくうえで不可欠なもの。中性脂肪を下げる食事方法としては、標準体重から計算した摂取エネルギーをとりながら、栄養バランスのよい食事をすることです。さらに食事の時間を不規則にすると代謝のリズムが狂います。中性脂肪を下げるためには規則的な食事と間食や夜食をできるだけ減らすことが必要です。


ページのトップへ ▲

健康的に中性脂肪を減らす食事を

魚介類

中性脂肪を下げる食事としては、脂質を減らす、ということは言えますが脂質は細胞膜や核膜などの生体膜や血液の成分になるなど私たちの体には必要な栄養素です。脂質の取り過ぎは、中性脂肪を下げるためには避けるべきことですが、不足してもいけません。では、中性脂肪を下げる、そして健康的に脂質をとる食事とはどのようなものでしょうか?中性脂肪を下げるためにはまず、飽和脂肪酸が多い肉の脂身、バター、生クリームなどを減らすこと、また、飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸のバランスがよい魚介類の食事をすることです。菜種油やごま油などの植物油や大豆も単価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸が多いのでおすすめです。しかし、不飽和脂肪酸は、酸化し過酸化脂質を生じやすいので鮮度の落ちた魚や干物などの食事は避けるようにしましょう。


ページのトップへ ▲

調理の工夫で中性脂肪を減らす

フライパン

脂質は所要エネルギー量の25%以内が理想といわれています。中性脂肪を下げるためにはその点に注意した食事をしなければなりません。中性脂肪を減らすための食事として、肉や魚は脂身の少ない部位を。鶏肉ならささみ、牛肉ならヒレ、豚肉ならヒレや赤身を選びましょう。また、脂身の多いバラ肉などには熱湯をかければ脂は落ちます。調理に使用するフライパンはフッ素樹脂加工のものを使用すると油の使用量が少なくてすみます。揚げ物のフライより素揚げの方が中性脂肪を下げるためには適しています。ちょっとした調理の工夫で、中性脂肪を下げる、おいしい食事をすることができるのです。


ページのトップへ ▲

イマーク

| ホーム | 中性脂肪とは | なぜ中性脂肪が注目されているの? | 放っておくとどうなる? | 基準値・正常値など | 危険値とは | 値が高いとどうなる? | 値が高い原因 | 中性脂肪を減らす(下げる)食事 | 中性脂肪を減らす方法 | 中性脂肪を下げる薬とは | 予防するレシピ・料理 | 改善するレシピ・料理 | 低値ってどのくらい? | 値が低い(少ない)のは病気? | 低中性脂肪血症とは | うるウォーターとは | 食事療法でコレステロール対策 | 血液検査から読み取る中性脂肪 | うるウォーターで中性脂肪対策 | コレステロール |

Copyright (C) 中性脂肪を減らす方法!-値の低い人高い人別 All Rights Reserved.