食事療法でコレステロール対策

中性脂肪を減らす方法!-値の低い人高い人別

食事療法でコレステロール対策

.

食事療法の注意点

果物

コレステロール対策として大切な食事療法。コレステロール対策としての食事療法は、どのような点に注意すればいいのでしょうか?コレステロール対策としては、脂質を抑えることです。特にレバーなどの内臓肉やいくらなどの魚卵類、鶏卵などにはコレステロールが多いので、コレステロール対策としては、なるべく控えるようにしましょう。また、食事療法として大切なのは食物繊維を多く摂取することです。水溶性の食物繊維は、コレステロールを便とともに排泄してくれる働きがあります。こんにゃくやわかめ、キノコ類、切り干し大根、りんごやバナナなどを多く摂ることをお勧めします。さらに、青背の魚などに含まれる不飽和脂肪酸にはコレステロールを下げる作用があるとされ、また、緑黄色野菜やナッツ、お茶やごまなどには抗酸化作用があるとされています。抗酸化物質はコレステロールが動脈壁に付着するのを防いでくれるもの。コレステロール対策の食事療法としては忘れてはいけない食品ですね。


ページのトップへ ▲

大切な栄養素を適量摂取

卵

コレステロールの多い鶏卵、魚卵、レバー、カステラやマヨネーズはコレステロール対策としては避けたいものですが、これらを一切食べないというのはコレステロール対策といえども、好ましくない食事療法です。卵や牛乳にはタンパク質やビタミン、ミネラルなど体にとって重要な栄養素が含まれています。食事療法としては、適量を考え必要な量は摂取していきながら、コレステロール対策をしていきましょう。例えば卵は1日1個であれば、食べても血中コレステロールの値は上がらないといわれています。また、牛乳は、低脂肪の牛乳を選べばコレステロール対策になりますね。こういった注意を踏まえた食事療法でコレステロール対策をしていきましょう。


ページのトップへ ▲

調理法にも注意した食事療法

油

調理法にも工夫をした食事療法でコレステロール対策をしましょう。調理には必要な油。最近は中性脂肪やコレステロールを気にする人のための油がいろいろ出ていますが、コレステロール対策としてのポイントは、バターやラードなどの動物性脂肪は避け、植物油を使うことがポイントです。特にオレイン酸には善玉コレステロールを下げずに、悪玉コレステロールを下げる作用があるとされています。食事療法として、オレイン酸を含むオリーブ油がお勧めです。また、調理方法も、余分な脂肪を落とすために、網焼きや包み焼き、蒸し焼きなどの調理方法でコレステロール対策をしましょう。


ページのトップへ ▲

イマーク

| ホーム | 中性脂肪とは | なぜ中性脂肪が注目されているの? | 放っておくとどうなる? | 基準値・正常値など | 危険値とは | 値が高いとどうなる? | 値が高い原因 | 中性脂肪を減らす(下げる)食事 | 中性脂肪を減らす方法 | 中性脂肪を下げる薬とは | 予防するレシピ・料理 | 改善するレシピ・料理 | 低値ってどのくらい? | 値が低い(少ない)のは病気? | 低中性脂肪血症とは | うるウォーターとは | 食事療法でコレステロール対策 | 血液検査から読み取る中性脂肪 | うるウォーターで中性脂肪対策 | コレステロール |

Copyright (C) 中性脂肪を減らす方法!-値の低い人高い人別 All Rights Reserved.