中性脂肪を改善するレシピ

中性脂肪を減らす方法!-値の低い人高い人別

中性脂肪を改善するレシピ

.

中性脂肪を改善するレシピの注意点

青魚

中性脂肪を改善するためにはどのような点に注意したレシピが必要でしょうか?中性脂肪値が高い人はエネルギーの過剰摂取の場合が多いようです。摂り過ぎたエネルギーは肝臓で中性脂肪に分解され余分な中性脂肪が体内に蓄積されます。中性脂肪を改善するためには、エネルギーをおさえたレシピが必要です。バターや生クリームなどの動物性脂肪は体内で中性脂肪に変わりやすいのでこれらを避けたレシピを。あじやいわしなどの青魚に多く含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)などの不飽和脂肪酸は中性脂肪を改善する効果があるので、こういった食材を使用したレシピは中性脂肪の改善に効果的です。さらに食物繊維をたくさん摂取できるレシピで中性脂肪を改善していきましょう。


ページのトップへ ▲

中性脂肪を改善するレシピその1:さばのねぎマヨネーズ焼き

オーブン

中性脂肪の改善ばかりでなく生活習慣病の改善にも効果的なEPAやDHAがたっぷり含まれるさばのレシピです。

【材料】(1人前)
さば80g、ねぎ1/2本、じゃがいも70g、おろしにんにく少々、マヨネーズ小さじ1、パセリ少々、塩少々
【作り方】
さばの皮に切れ目を入れ塩・こしょうをふります。ねぎは4つに割って5ミリ幅に切りおろしにんにくとマヨネーズと混ぜます。220〜230℃に温めたオーブンにさばを入れ7〜8分程度焼きます。さらにねぎ、にんにく、マヨネーズを混ぜたものをのせて3〜4分程度焼き、パセリを振ります。じゃがいもは一口大に切ってゆで、塩をふり、さばに添えてできあがりです。

ページのトップへ ▲

中性脂肪を改善するレシピその2:ごぼうときのこのこしょう炒め

塩こしょう

ごぼうは食物繊維たっぷりの食材。また、きのこも低カロリーで食物繊維たっぷり。ごぼうときのこを使った低カロリーのレシピで中性脂肪を改善します。

【材料】(1人前)
ごぼう70g、まいたけ・しいたけ各50g、サラダ油小さじ1、白ワイン大さじ1、塩・こしょう少々
【作り方】
ごぼうは皮をこそげ落とし、5ミリ幅の斜め切りにして水にさらします。まいたけ、しいたけは一口大に切ります。フライパンにサラダ油を熱してごぼうを入れ、5分程度炒めます。まいたけ、しいたけを加えて炒め、白ワインをふり、塩とこしょうで味付けしてできあがりです。

ページのトップへ ▲

イマーク

| ホーム | 中性脂肪とは | なぜ中性脂肪が注目されているの? | 放っておくとどうなる? | 基準値・正常値など | 危険値とは | 値が高いとどうなる? | 値が高い原因 | 中性脂肪を減らす(下げる)食事 | 中性脂肪を減らす方法 | 中性脂肪を下げる薬とは | 予防するレシピ・料理 | 改善するレシピ・料理 | 低値ってどのくらい? | 値が低い(少ない)のは病気? | 低中性脂肪血症とは | うるウォーターとは | 食事療法でコレステロール対策 | 血液検査から読み取る中性脂肪 | うるウォーターで中性脂肪対策 | コレステロール |

Copyright (C) 中性脂肪を減らす方法!-値の低い人高い人別 All Rights Reserved.