コレステロールと中性脂肪

中性脂肪を減らす方法!-値の低い人高い人別

コレステロールと中性脂肪

.

体づくりに欠かせないコレステロールと中性脂肪

体内

コレステロールも中性脂肪も血液の血清中に溶けている脂肪成分(血清脂質)のことです。高脂血症は、血液の血清中に溶けている脂質のどれかが異常に多い状態のことをいいます。一般的にはコレステロールと中性脂肪のどちらか、または両方の値が高いということから、高脂血症は高コレステロール血症や高中性脂肪血症のことを指すことが多いです。血清やの中には水分、タンパク質や脂質、酵素、糖質、ミネラル類、ホルモン、ビタミンなどさまざまな成分が存在します。どれも体の組織や細胞のためには欠かせないもの。脂質であるコレステロールや中性脂肪をはじめ、さまざまな成分が体内をまわることで、細胞の材料や栄養分がいきわたり、組織や細胞は生きていくことができるのです。


ページのトップへ ▲

中性脂肪の役割

脂肪

脂質にはコレステロールや中性脂肪の他にリン脂質、遊離脂肪酸、脂溶性ビタミンなどがあります。その中で中性脂肪はどのような役割を担っているのでしょうか?体温保持や内臓を外からの衝撃から守るクッションとしての機能を果たす中性脂肪は、燃焼しエネルギーを生み出す働きをします。中性脂肪はとても熱生産量が高く、糖質やタンパク質よりも熱量が大きいものです。体は食物に含まれる糖を燃やしてエネルギー源とし、それが余った場合に中性脂肪として蓄積します。中性脂肪は食べ物が体内に入らなくなった時に使う保存用として、肝臓や脂肪細胞に蓄積されるものです。


ページのトップへ ▲

コレステロールの役割

病気

コレステロールも中性脂肪と同様、脂質の一つではありますが、性質が異なります。コレステロールは体の細胞膜を作る原料です。何十兆もの脂肪からつくられている私たちの体。その細胞の一つ一つの細胞膜は、家に例えると、屋根や外壁、柱、壁などに相当します。細胞の形をつくり、中身を守る材料となるのがコレステロールなのです。また、コレステロールは、体内で行われる代謝作用に深く関わるステロイドと呼ばれるホルモンの原材料にもなります。コレステロールは中性脂肪と同じように、人間の体をつくるのに欠かせないものです。さらに、体内に入ったコレステロールは何度も再利用されるしくみにもなっています。コレステロールや中性脂肪が基準値より増えると、生命を脅かす病気の原因になります。しかし、コレステロールや中性脂肪は体にとってとても大切な役割を担っているのです。


ページのトップへ ▲

イマーク

| ホーム | 中性脂肪とは | なぜ中性脂肪が注目されているの? | 放っておくとどうなる? | 基準値・正常値など | 危険値とは | 値が高いとどうなる? | 値が高い原因 | 中性脂肪を減らす(下げる)食事 | 中性脂肪を減らす方法 | 中性脂肪を下げる薬とは | 予防するレシピ・料理 | 改善するレシピ・料理 | 低値ってどのくらい? | 値が低い(少ない)のは病気? | 低中性脂肪血症とは | うるウォーターとは | 食事療法でコレステロール対策 | 血液検査から読み取る中性脂肪 | うるウォーターで中性脂肪対策 | コレステロール |

Copyright (C) 中性脂肪を減らす方法!-値の低い人高い人別 All Rights Reserved.