血液検査から読み取る中性脂肪

中性脂肪を減らす方法!-値の低い人高い人別

血液検査から読み取る中性脂肪

.

血液検査から中性脂肪、hdlコレステロールを読み取る

血液検査

中性脂肪やコレステロールは体づくりのために、重要な役割を担っていますが、中性脂肪や総コレステロールが増えたりすると血液に変化が生じます。血液がどろどろになると、脂質が血管壁に付着し血管壁を傷め、動脈硬化を起こし、また高脂血症を併発すると生命に関わる病気を引き起こします。中性脂肪や総コレステロール、hdlコレステロールの値は血液検査から読み取ることができます。高脂血症は自覚症状がないまま進行する恐ろしい病気です。定期的に血液検査をして中性脂肪や、ldlコレステロールやhdlコレステロール、総コレステロールなどの値を把握しておくことが大切。血液検査では血液中に含まれるそれらの脂質の値から、高コレステロール血症や高中性脂肪血症の危険性を読み取ることができます。


ページのトップへ ▲

血液検査から高脂血症のタイプを読み取る

値

高脂血症を診断するには血液検査から中性脂肪値や総コレステロール、ldlコレステロール、hdlコレステロールなどの値を読み取ることで判断することができます。高脂血症の診断基準において、異常値は総コレステロールは220mg/dl以上、ldlコレステロールは140mg/dl以上、hdlコレステロールは40mg/dl未満、中性脂肪は150mg/dl以上。血液検査において、これらの値が導き出され、高脂血症について読み取るわけですが、それぞれの脂質の値からも高脂血症のタイプを読み取ることができます。高脂血症の中でも、総コレステロールが高い場合には「高コレステロール血症」と読み取ることができ、ldlコレステロールが高い場合は「高ldlコレステロール血症」と読み取ることができ、hdlコレステロールが低い場合は「低コレステロール血症」と読み取ることができ、そして中性脂肪が高い場合は「高中性脂肪血症」と読み取ることができます。hdlコレステロールの値は低い方が心疾患などのリスクが高いので注意が必要です。


ページのトップへ ▲

診断基準から外れた総コレステロールの値

学会

2007年4月、日本動脈硬化学会は高脂血症を「脂質異常症」という名称に変更しました。善玉であるhdlコレステロールは低い方が問題になるので高脂血症という言葉はふさわしくないという理由においてです。また、今までは血液検査から総コレステロールの値も読み取ることになっていましたが、総コレステロールの値を診断基準から外しました。血液検査から読み取る脂質異常において、日本人には善玉のhdlコレステロールが高いために総コレステロールが高くなっています。問題になるのは、総コレステロールの値ではなく、hdlコレステロールが少ないか、ldlコレステロールが多いか、ということを血液検査から読み取ることが必要だからです。


ページのトップへ ▲

イマーク

| ホーム | 中性脂肪とは | なぜ中性脂肪が注目されているの? | 放っておくとどうなる? | 基準値・正常値など | 危険値とは | 値が高いとどうなる? | 値が高い原因 | 中性脂肪を減らす(下げる)食事 | 中性脂肪を減らす方法 | 中性脂肪を下げる薬とは | 予防するレシピ・料理 | 改善するレシピ・料理 | 低値ってどのくらい? | 値が低い(少ない)のは病気? | 低中性脂肪血症とは | うるウォーターとは | 食事療法でコレステロール対策 | 血液検査から読み取る中性脂肪 | うるウォーターで中性脂肪対策 | コレステロール |

Copyright (C) 中性脂肪を減らす方法!-値の低い人高い人別 All Rights Reserved.